バージョンアップ情報
  • HOME »
  • バージョンアップ情報 »
  • 機能追加

機能追加

CANVASに文字を描画できるようになりました

CANVASに文字を描画し、アニメーション等のエフェクトを掛けられるようになりました。 「画用紙を使う」のサブメニューから「文字を表示する」を選ぶことで使用できます。

バージョンアップとサンプルの追加

ゲームループと当たり判定機能を追加しました。 また、それを使ったごくシンプルなゲームのサンプルを作りました。 ゲームループは、「処理を繰り返す」メニューの「ゲームループ挿入」で使うことができます。 当たり判定は、変数処理 …

いくつかの機能追加を追加しました

機能追加しました。 自由な名前の変数を作れるようにしました。 変数ブロックのメニューから「変数宣言」を選んでください。(※変数名の重複に注意してください!) whileの繰返しを途中で終了させるbreakを挿入できるよう …

サンプルゲームのダウンロード

サンプルゲームを作りましたので、お試しください。 作成画面の右上「拡張メニュー」ボタンをクリックして表示されたメニューから「サンプルダウンロード」を選択してください。ダウンロードフォルダに「4colors.txt」という …

バージョンアップしました

canvas図形を、変数ブロックだけでなく、処理ブロックでも描けるようにしました。変数ブロックメニューの「画用紙を使う」でcanvasを変数?ctxに取得してから、?ctxが選択された状態で処理ブロックメニューを表示し、 …

2次元配列の実装

2次元配列が使用できるようになりました。 変数メニューの「配列」のサブメニューから「2次元」を選ぶと配列の親と子要素の行が挿入されます。挿入された配列の子要素の+ボタンを押すと子要素の行が追加されます。そして子要素の◀ボ …

Switch機能追加

「処理を分岐」に準備中だった「スイッチ」を実装しました。 複数ボタンの処理を分ける場合はif文を使うよりこちらを使ったほうが分かりやすいかもしれません。

Canvasのクリック座標取得を画面タッチに対応

機能の追加修正です。canvasのクリック座標取得機能で、画面のタッチ座標も取得できるようにしました。 特に意識することなく、PCではマウスクリック、スマホやタブレットでは画面タッチのイベントとして機能します。 (※作成 …

Canvasのクリック座標取得機能の追加

画用紙(Canvas)のクリック座標を取得できるようにしました。 「画用紙を使う」でcanvasを変数に代入した後、追加メニューから「クリック座標を変数に」を選ぶと、?xにx座標、?yにy座標が代入されます。 これで、例 …

部品のIDやTEXTの取得

小変更ですが、部品(DOM要素)のIDとTEXTを変数に代入できるようにしました。「部品を使う」のサブメニューから選んでください。 「もしも~なら」の条件で「押されたボタンのID」==「部品のID」のように使うと、複数ボ …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © fudanitto / hayasaka_noboru 2016 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.