canvas図形を、変数ブロックだけでなく、処理ブロックでも描けるようにしました。変数ブロックメニューの「画用紙を使う」でcanvasを変数?ctxに取得してから、?ctxが選択された状態で処理ブロックメニューを表示し、「高度な図形処理」から描画したい図形を選びます。
変数ブロックで描く図形に対して、処理ブロックで描く図形は各設定を変数で指定する事をデフォルトにしているので、変数以外を設定する場合は、要素をクリックして表示されたテキストボックス内の変数を削除してから、数値ならそのまま数字を、文字なら文字列の前後を “(ダブルコート)で挟んで入力してください。

※バージョンアップ以前に作成したデータは実行できなくなりましたので、使いはじめる前に「データパネル」で「テーブル削除」を行ってください。